ウエイトトレーニングのBIG3について

Pocket

大阪 心斎橋パーソナルトレーニング専門ジム
PLUSH5のユウトです。

今回は筋トレにおいてBIG3と呼ばれる3種目をご紹介したいと思います。

BIG3と呼ばれる3種目はベンチプレス、スクワット、デッドリフトです。この3種目は多関節種目で、全身を鍛えられる種目なのです!

 

 

まずは、ベンチプレスから紹介していこうと思います。

出典(http://ベンチプレスのコツ.xyz)

ベンチプレスはベンチの上に仰向けになった状態でバーを胸の上に下ろし大胸筋、上腕三頭筋、三角筋前部を使い押し上げる動作を行う種目です。メインに刺激が入る大胸筋とサブで二の腕、肩に作用します。効果としては、男性は逞しい胸板を手にいれ、女性もバストアップに効果的です。

注意点として、フォームが悪いとベンチプレスは肩を痛める可能性がありますので気をつけて下さい。

 

 

次にスクワットの紹介です。

出典(https://mens-diet.jp/?p=4320)

バーを担ぎしゃがみ、大腿四頭筋や大臀筋、ハムストリングスを使い立ち上がる動作を行う種目です。前もも、裏ももお尻とほぼ下半身全てに作用していきます。特に前ももとお尻に効果的です。女性の悩みで多い下半身の引き締めやヒップアップに効果的です。男性はスクワットが嫌いな方が多いと思います。よくジムで上半身はムキムキだけど脚は細い人は下半身のトレーニングが嫌いな人だと思います。しかし、下半身をしっかりと鍛えることで、がっしりとした脚になる他、基礎代謝が上がり痩せやすい身体に変わっていきます。

スクワットはフォームが悪いと膝や腰を痛めることがあります。特にバーベルスクワットは担いでいる状態なので事故や怪我の可能性もあります。正しいフォームを身につけ気をつけながら行いましょう。

 

 

最後にデッドリフトをご紹介します。

出典(http://tanren-dou.com/deadlift-standards)

バーベルを床から脊柱起立筋、広背筋やハムストリングスなどを使い引き上げる動作を行う種目です。メインに脊柱起立筋や広背筋、サブにハムストリングスなどに刺激が入ります。ベンチプレスが身体の前側、デッドリフトが後ろ側といった感じです。

デッドリフトはフォームが悪いと腰を痛めることがあります。また筋肉痛なのか痛めたのかわからなくなることもあるので、デッドリフトを行う際はしっかりと休息の間隔を取り注意しながら行いましょう。

BIG3は高重量を扱いやすく大きな筋肉をしっかりと使い、また複合的に細かい部位にも刺激を与えられ種目になっています。筋トレの経験が浅い方ほどより効果が現れやすいです。今まで筋トレで効果を実感したことがないという方は是非行ってみてください!

是非、僕と一緒に正しいフォームを学び効果を実感しましょう!

 

ブログ:毎週水金曜日に更新!

■■■  PLUSH5公式LINE@ ■■■

PLUSH5の情報などを配信していきます!

パーソナルトレーニングの体験申し込みやご質問なども、コチラから出来ます♪

メッセージお待ちしております^^
友だち追加数

●●● PLUSH5公式Instagram ●●●

ジム内の雰囲気や空気感、スタッフの写真などを更新していきます。

フォローよろしくお願いします^^

Instagram

パーソナルトレーニング専門ジム PLUSH5
URL:www.plush5.com
TEL:06-4256-4450
541-0059 大阪市中央区博労町4丁目2番7号波多野ビル2F

いつまでも理想の身体|パーソナルトレーニング専門ジム|大阪・心斎橋|PLUSH5