腰を痛めずに行う腹筋

Pocket

大阪 心斎橋パーソナルトレーニング専門ジム
PLUSH5のユウトです。

世の中で腹筋をしたことがない人はいないのではないか?というくらい大体の人は腹筋をしたことがあると思います。

しかし意外としっかりと腹筋に効かせるのは難しく、腰を痛めてしまう人も少なくないと思います。

そこで今回は腰を痛めずにしっかりと腹筋に効かせる方法をご紹介していこうと思います。

 

腹筋=上体起こしではない

ふっと腹筋をしようと思った時、多くの人が行うのは学生の頃などにした脚を固定して行う上体起こしだと思います。もちろん腹筋には効きますが、上体起こしで最も刺激が入るのは腸腰筋と呼ばれる骨盤と脚を繋いでいる筋肉です。

そして腸腰筋の発達は腰痛の原因になったりもします。お医者さんに腰痛を治すために腹筋をしなさいと言われた人もいると思います。その時に腹筋を鍛えようとこの上体起こしをしてしまうといつまでたっても腰痛が改善されず、悩み事の原因になってしまうなんてこともあるかと思います。

背骨を丸める

6パットなどと言われている腹筋は腹直筋という筋肉になります。筋肉というのは伸張と収縮による刺激によって成長します。では腹直筋を鍛えるにはどうすれば良いのか。

上体起こしを行った時は上半身は固定して行うと思います。しかしこれでは腹直筋は伸張も収縮もしません。つまり上半身を動かさなければいけません。そこでおへそを覗き込むように背骨を丸め込んでみてください。そうすると腹直筋は縮むと思います。そしてまた元の上体に戻る。という動作を繰り返すとクランチという種目になります。

力は抜かない

つまり腹筋というのは背中を丸めるという動作で刺激を入れることが出来ます。しかしこの動作でもきつくなってきたりして腹筋に力が入らなくなると腹筋で身体を支えることが出来ず、腰に負担が乗ってしまいます。

なので腹筋を行う際は常に腹筋に力を入れてできる範囲で行ってあげるのが大切です。

まずは1日10回3セットおへそを覗き込んでみてはいかがでしょうか?

■■■  PLUSH5公式LINE@ ■■■

PLUSH5の情報などを配信していきます!

パーソナルトレーニングの体験申し込みやご質問なども、コチラから出来ます♪

メッセージお待ちしております^^
友だち追加数

●●● PLUSH5公式Instagram ●●●

ジム内の雰囲気や空気感、スタッフの写真などを更新していきます。

フォローよろしくお願いします^^

Instagram

パーソナルトレーニング専門ジム PLUSH5
URL:www.plush5.com
TEL:06-4256-4450
541-0059 大阪市中央区博労町4丁目2番7号波多野ビル2F

いつまでも理想の身体|パーソナルトレーニング専門ジム|大阪・心斎橋|PLUSH5