筋肉痛は来なくても良い?

Pocket

大阪 心斎橋パーソナルトレーニング専門ジム
PLUSH5のユウトです。

筋トレをしている人の楽しみの一つとして、筋肉痛をあげる人は意外と多いと思います。

やはり筋肉痛がくるとトレーニングをやりきった感や充実感、達成感などを得ることができ、なるべく筋肉痛がくるようにトレーニングする人が多いのではないかと思います。

もちろん筋肉痛は嫌いという人もいます。しかし筋肉痛をある程度トレーニングの強度の指標にしている方はおおいと思います。

僕自身も筋肉痛で行ったトレーニングの内容の良し悪しを決めている部分もあります。

 



筋肉痛=筋肥大?




筋肉痛のメカニズム

人が1度のトレーニングでその効果を感じることはほとんどありません。もちろんトレーニング直後は筋肉が張りますが、家に帰る頃には元に戻っていると思います。

しかし体の変化を感じられないままトレーニングを続けるのはなかなか難しいと思います。そこで多くの人がトレーニングの成果として筋肉痛を感じるかどうかで判断しています。

筋トレを始めたばかりの頃は毎回筋肉痛が起こり体もすぐに変わってきます。

その経験により、多くの人が筋肉痛を1つのトレーニングの効果の目安にしているのだと思います。

しかし、筋肉痛=筋肥大というわけではありません。

じつは筋肉痛のメカニズムはほとんど解明されておらず、あくまで筋肉が傷ついた結果、炎症が起こる。というのが今のところの筋肉痛の正体で、この筋肉痛と筋肥大においての関与はまだわかっていません。

また最近では強すぎる筋肉痛はむしろトレーニングの効果を阻害している。とまで言われています。



適切なトレーニング

つまり、トレーニングにおいては筋肉痛がこなかったとしても適切な強度で行えていれば筋肥大をすると言うことです。

そしていまトレーニングをしていて筋肉痛がなかなか来ないという人もトレーニングの強度が適切であれば効果があるので大丈夫です。

しかし、もしも筋肉痛は来ないけどトレーニング中に筋肉ではなく関節が痛くなったり、狙っている部位以外の筋肉に疲労が溜まりやすいようでしたらそれはフォームに問題があるので、改善しなければトレーニングの効果もあまりこないので心当たりのある方は是非見直してみてください。



経験談

そして私個人の経験談として、トレーニングを始めたばかりの頃は筋肉が刺激に慣れておらず、毎回筋肉痛がきていました。

しかしある程度トレーニングに慣れてくると筋肉痛が起きず、効果があるのかどうかわからない時期がありました。そのときはより重たい重量を扱ってみたり、様々なことを試していました。

それから1年ほどはフォームの改善などに取り組み、そこからはフォームの改善により狙った部位に対して適度な筋肉痛が毎回くるようになっています。

もしトレーニングで伸び悩んでいる方は一度重量などは上げずに扱える重さでフォームの改善に取り組んでみると良いのではないでしょうか?

■■■  PLUSH5公式LINE@ ■■■

PLUSH5の情報などを配信していきます!

パーソナルトレーニングの体験申し込みやご質問なども、コチラから出来ます♪

メッセージお待ちしております^^
友だち追加数

●●● PLUSH5公式Instagram ●●●

ジム内の雰囲気や空気感、スタッフの写真などを更新していきます。

フォローよろしくお願いします^^

Instagram

パーソナルトレーニング専門ジム PLUSH5
URL:www.plush5.com
TEL:06-4256-4450
541-0059 大阪市中央区博労町4丁目2番7号波多野ビル2F

いつまでも理想の身体|パーソナルトレーニング専門ジム|大阪・心斎橋|PLUSH5